​染み抜き

​染み抜き

ほんの少し染みがついただけで、美しい着物も台無しに。

染み抜きの技術に関しては、本場京都でも高い評価を受けている「豊彩」。

落としにくい 油性の染みや汗染みも、高い染み抜き技術を有する「豊彩」なら、着物の生地を傷めることなく染みを落とすことができます。

他店で落ちなかった染みや汚れなど、何でもお気軽にご相談ください。

過去のお客様事例
ボールペンの染み

​<Before>

​<After>

黒いボールペンのインク染みがついていました。ついてすぐの処置で、簡単に落とすことができました。

油性ペンの染み

​<Before>

​<After>

油性ペンのインク染みがついていました。染みがついてから時間が経っていたので、 落とすのに時間を要しました。

​衿汚れ

襟汚れが時間の経過とともに変色していましたので、溶剤で洗った後、水洗いし、 残った黄変を薬品を使って抜きました。

色をかけて修正し、もとの鮮やかな色がよみ がえりました。

​①襟部分にかなり目立つ汚れがあります。

​②溶剤で洗いました。まだ少し汚れが残っています。

​③薬品で残った染みを落としました。

④少し色が剥げたので、色をかけました。

口紅の染み

​<Before>

​<After>

強い口紅の染みも、きれいに跡形なく落とせました。

ファンデーションなどの染みも同様に、きれいに落とすことができます。

インクの染み

​<Before>

​<After>

襦袢にインクのような染みが付いていました。

インクを落とす薬品でにじみ出しましたので きれいに落ちると判断しました。
落ちにくそうな染みでしたが、見た目よりも比較的簡単に落とすことが 出来ました。

ワインの染み

​<Before>

​<After>

帯の垂れ先部分にワインのしみが付いていました。

パーティなどで グラスが倒れてワインが着物に付いたり、 帯に付いたりする事がよくあります。

 長時間放置されていますと、どうしても残ってしまう事があります。

出来るだけ早い処置をする事によりきれいに落とすことが出来ますのですぐにご相談ください。

汗染み

​<Before>

​<After>

汗染みは意外と手強い汚れです。水溶性の染みなのでドライクリーニングでは落とせません。
そこで部分的な水洗いを施し、きれいに落としました。

カバンの染み

​<Before>

​<After>

鞄の染みを放置しておいてカビが発生してしまいました。

諦められてたのですが、きれいに落とすことが出来ました。

​価格

料金は、お着物の種類・汚れ具合などにより異なるります。

まずは電話・メール にてお問い合わせいただくか、加工依頼書にご記入のうえ、Faxで送信してください。

後程、お見積りをお送り致します。

日本の美を、ずっと。
​豊彩株式会社
〒600-8103 京都市下京区塩竈町353
TEL 075-354-8505
FAX 075-354-8506 
  • Twitter - Grey Circle
  • G+ - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle